契約書作成

財産の取得、高額の取引、長期に渡る取引は契約書を交わしましょう。

契約自由の原則

  • 誰と契約するか、内容はどうするか等は当事者の自由にできますが、適法かつ社会的妥当性がなければ有効とはなりません。
  • 契約の実現が可能な内容で、適法な契約についても、当事者の一方に不利であったりすると、後々問題となることがあります。
  • あとあと争いごとにならないよう契約書を作っておきましょう。

贈与契約は、登記費用や税金のことも確認しておきましょう。

贈与契約に関わる費用

  • 動産の贈与には、運搬の費用の負担のこと、引渡前に破損や滅失してしまったりした場合のことも決めておきましょう。
  • 不動産の贈与には登記費用や税金も掛かります。その負担割合等についても決めておきましょう。

示談書は自分でも作れます。

ひな形を手本にしましょう

  • ひな形は簡単に手に入ります。
  • 自分のケースに合わせて修正します。但しむやみに変更するとリスクがあります。
  • 修正したら専門家にチェックしてもらいましょう。
  • 1ページにおさめて、2部作成します。
  • 1ページに収まらない場合は両面印刷すると便利です。
  • 示談金額に基準はありません、当事者の支払い能力と、合意によります。但し法外な金額を請求して示談の成立に影響が出てしまっては問題です。
  • 示談交渉は「事実の整理をして」感情的にならずに合意のできる落としどころを探ることになります。
  • 合意すべき内容は、示談金額、支払方法、禁止事項、本人の個人情報を有していない事の確認、謝罪項目、清算条項などです。
  • 清算条項とは示談書に記載した以外のことで当事者の間に支払い義務など何もないことを確認し、解決後の蒸し返しを防止する条項です。

継続的な取引など行う場合の契約書は

取引基本契約書

  • 継続的に売買や製造等の委託などを行うときに基本的な契約条件を定めるものであり、その契約に基づいて、個別の売買や委託の発注をするもの。
  • 取引基本契約に基づいて、個々に発注して成立する契約を「個別契約」と言います。
  • 取引基本契約には一般条項を定め、金額や支払方法、納入時期、納入場所などの条項を個別契約に記載します。
  • 企業間の取引で後でもめない為にも条文の法律チェックが必要です。
  • 個別契約と矛盾した場合のことも決めておきます。

その他賃貸借契約書、売買契約書、雇用契約書等

 無料見積り

  • 契約書作成に関する相談は無料、作成料別途見積り致します。
  • 見積書提示の上契約しますので安心してご相談いただけます。
  • 公正証書作成もサポートいたします。
  • お作りいただいた契約書の内容を法律チェック致します。ページ数により見積致します。
  • 相談のみの場合は1時間4,000円。